« October 2007 | Main | February 2008 »

2008.01.27

あまりに見苦しいので

県内の某大学が今月中旬から職員募集をしている。
全入時代に入っているのに珍しいといえば珍しいのだが、

この求人情報に対して、露骨に大学職員が”殺到”しているので、一応実情ってのを書いておく。
(これは某SNSに書くより有用であろう)

まず、この求人は大学職員経験者を対象にしていない。
募集人数は「若干名」。
つまり、「いい人材がいれば2~3人は採りますよ」ということだが、
他大学職員を内部のエライ人(笑)との繋がりで採るので、1名の枠が消える…らしい。
だから、実質採用人数は1~2名ということになる。
この1~2名の枠に大学職員&元・大学職員だけで500名近くが既に応募しているのだ。
(そういうことですよね、○○さん)

年齢については、昨年11月頃から特別の事情が無い限り「書いてはいけない」ことになっているので、
記載されていないのだが、実際のところは30歳以下が候補者になる。
(もっと厳密にいえば28歳以下らしいが)
ところがこの求人に応募してきているのは、殆んどが35歳以上。
中には40代後半~50代の職員が応募しているそうだ(苦笑)。

まぁ、中には優れた実力を持つ人もいるだろう。
しかし、大学職員の多くは転職するには致命的なほど資格を持っておらず、
(これは転職経験の無い”生え抜き”職員ほど顕著である)
年齢に比して職務経験の中身が薄いため、
(教育機関の「主査」・「課長」というポストの人は、世間でいう「主任」・「係長」以下のマネジメント能力しか有していない)
同世代の社会人に比べると明らかに見劣りがするのも事実である。

悪いことは言わない、他の仕事を探しなさい。
っていうのが、最良のアドバイスかもしれない。


それにしてもご苦労様です、J美大の担当者の方々。


| | Comments (16) | TrackBack (0)

2008.01.21

いや、なんとなく。

予定より早くデフォルトが宣言されそう。


…と、書いてみる。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

2008.01.18

元職場の皆様へ( 笑)

明日明後日はせいぜい凍えてください。


私は生温かい所から皆様の醜態を「鑑賞」させていただきます(猛毒)。

| | Comments (39) | TrackBack (0)

2008.01.16

なまはげの正体

まだあったなまはげセクハラ
(R25式ニュースより)

http://mobile.r25.jp/news/index.php/m/NW/a/NWxx0200/aid/90/nid/0000838328/cnt/5/acf/mail

…つまり古来から"なまはげ"は「泣く子」ではなく、
若い女性を探してはオイタしていた、ということですな。

もう廃止しろよ、こんな祭。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2008.01.03

新年早々…

また新しい年が始まってしまった。

今年も頻繁な更新(日報)は差し控えるつもり。
何故なら某SNSのネタが…(笑)。

強いてここに書くとすれば、いよいよもって前職場の大学が危ない、ということ位か。

目に見える現象として、
・新学科について掲載のあった入試広告が電車の車内から消えた。
・某求職サイトに、すぐにそれと判る求職者がいきなり増えた。
・定員割れしている学科教員から全く年賀状が来ない。

あとは裏に書くけど、滑稽なのは「自分達の職場が無くなる本当の理由に誰も気付いていない」ってことだな。

(骨どころか、連中の肉片拾う羽目になるな…)

| | Comments (12) | TrackBack (1)

« October 2007 | Main | February 2008 »